在宅ワークを今から始めて稼ぎ続けるために大事なこと





在宅ワークとは?

在宅ワークは企業の業務について請負契約を結び自宅のパソコンなどの電子通信機器を利用して作業を行うもので、在宅ワーカーは原則個人事業主になります。

それではさっそく在宅ワークにはどのようなものがあるのかみていきましょう。在宅ワークにもいろいろな系統があり、さまざまな分野で自分の特技を生かして働くことができます。事務系のものには、文書入力、データ入力(集計)、マニュアル作成、取引文書作成、伝票整理などがあります。在宅ワークといえばとしてよくイメージされるものですね。

編集系の在宅ワークには、テープ起こし、広告メール作成、ライター、エディターなどがあり、Web関連系の在宅ワークには、Webサイト作成、Webサイト上の情報更新等、ネットショップのシステム運営管理、Webデザイン、Webコンテンツ制作などがあります。

なんとなくお気づきかもしれませんが、在宅ワークはその分野を得意としていることが重要になります。

さらに情報検索計算処理、システム設計開発、プログラミング、ソフトウェアのバグチェック、ネットワーク管理、データベース管理、CaDオペレータ(設計製図)といった開発系のものや、グラフィックデザイン、DTp(編集)、音楽制作編集、映像(動画)製作編集、アニメ制作、イラスト制作といったデザイン系のものなどがあります。ほかにも翻訳やオペレーターなど様々な在宅ワークがあります。

在宅ワークってどのくらい稼げるの?

在宅ワークは比較的専門性の高い仕事が多いため、換算時給も高い傾向があります。母集団によって大きく左右されるため統計によってばらつきはありますが、全体的にみると月100,000円程度で時給換算1000円が平均的な収入と考えています。より専門的な仕事を請負契約にてすることができるため、内職と比べると高収入と言えるでしょう。

ただし、データ入力やテープ起こしといった一般的なレベルのものと、DTpなどの中級的なもの、WEB構築や設計製図といった上級レベルでは稼げる収入の度合いも大きく異なりますし、同じレベルのものでもどのくらいの時間を確保できているのかでも収入は異なります。毎月5万円以下の人も多くいる一方、月に在宅ワークだけでも100万円以上を稼ぐ人もいるというのが在宅ワークの特徴でもあり魅力でもあります。

在宅ワークは自分の腕次第、得意な分野でレベルの高い仕事をすることで、企業(発注者)からの信頼が高まり、それが結果的にお願いされる仕事の量にも少しずつあらわれてきます。

在宅ワークの選び方と始め方

多くの種類のなかから自分にあうものを選ぶためには、今の自分としっかり向き合って経験や特技、スキルといった自分のポテンシャルをみつけだしていく作業が必要になります。

企業としては、少しでも早くより正確なものを納品してくれる在宅ワーカーを求めています。あなたがそういった期待にひとつひとつ応えていくことで信頼関係ができあがり、より多くの仕事をより安定してこなしていけるようになります。だからこそ、自分のもってる力を一番生かせる在宅ワークを選ぶことが重要です。

在宅ワークを始めるには、企業と契約を結ばなければなりませんが、その方法もいくつかあり、インターネットなどで直接企業の募集に応募したり、仲介業者に登録したり、知人から依頼を受けたりといろいろな方法で始めることができます。

ここで重要なのが、企業・仲介者・仕事の内容・契約の中身について、信頼できるか?納得して働けるのか?自分の力を生かせるのか?という視点で、じっくり時間をかけて判断をすることです。決してあせらずに理想の在宅ワークを少しずつ探していきましょう。